Mary Maughelli Exhibition,"Women and Girls"
メアリーマゲーリ展「女性と少女」

2010年4月10日(土)〜4月22日(木) 12:00〜18:00(水・金 休廊)
April 10, 2010〜April 22, 2010 12:00〜18:00 (Wed.& Fri. closed)



今回の作品、「女性と少女」と「アート ジャーナル #s1-11 からのページ」は、同じコンセプトに基づいているが、表面的には違って見える。後者はあまりにもテキストが多くあり、その上、より小さなイメージが重ね合わせられているため、前者(「女性と少女」)よりはるかに余白が多くなった。しかし、両シリーズとも紙が支持体であり、作品の中で扱っているのは、女性のイメージや女性自身を象徴するものだ。それらは、思い出であったり、運動をしている人物の動作であったりする。そして歴史に登場する女性、特にアルテミジア・ジェンティレスキ(Artimesia Gentileschi 1593〜1656、初期イタリアバロック女性アーティスト)の作品の中で描かれた女性を参照し、それらのイメージを織り交ぜて表現している。

メアリーマゲーリ


"Women and Girls" and "Pages from the Art Journal #s 1 - 11" deal with the same ideas although rather different in look because "Pages from the Art Journal" has so much text and are much whiter with the superimposed images being smaller. These are all works on paper and deal with images of women as well as symbols which are interwoven with memories, action or exercising figures and historical reference to women as depicted in art of the past especially Artimesia Gentileschi.

Mary Maughelli



1970年、フェミニスト パーフォーマンスがカリフォルニア州の中部に位置するフレスノ州立大学の美術学部に端を発したことはあまり知られていない。そこで、教鞭をとっていたジュディ シカゴ(Judy Chicago)がフェミニスト アート プログラム(Feminist Art Program)を立ち上げ、多くのフェミニスト アーティストを育てた。1年後、シカゴは生徒と共に活動の拠点をLAに移した。
そのムーブメントの真っ只中に、フレスノ州立大学の教授の一人として、メアリー マゲーリはいた。パーフォーマンスこそ行わなかったが、マゲーリを始め、ジョイス エイケンなどの教授たちはシカゴから多大な影響を受けた。その後、メアリーはLAにあるウーマンスペース(Womanspace)のオープニングにシカゴの招待を受けている。メアリーはフェミニストムーブメントに端から関わったアーティストである。

コンテンポラリーアートギャラリーZone 代表 中谷 徹


Group Exhibition,"PRISM"
グループ展「PRISM(プリズム)」

2010年3月20日(土)〜3月30日(火)
12:00〜18:00(水・金 休廊)

参加作家/伊佐地恵子、伊佐地麻夢、入江陽子、
小泉光子、John Dillemuth、はら けんのすけ、春成こみち


グループ展PRISMのご案内

 数年前、車を駆ってI5(フリーウエイ)をサンディエゴからLAに向かっていたとき、ストームに襲われた。あたりは真っ暗になり、前方の道路の上にまで暗雲が垂れ込めていた。横殴りの烈しい雨に見まわれながら、数分、いや十数分、暗闇の中を運転しただろうか。突然、目の前の視界が開けた。その瞬間、雨が上がり、思いがけない光景が目に入った。雲間から数条の光が差しこみ、煌々と輝く空間に巨大な虹が太平洋からI5を跨ぎ、キャンプペンデルトンにかけて弧を描いていた。

 そのときの虹の印象が強烈に脳裏に焼きついている。グループ展PRISMは7名のアーティストがZoneという「プリズム」を通してそれぞれの個性をより鮮明に打ち出す、虹色に輝く展覧会をイメージした。Zoneにかかる虹を是非体験していただきたい。
                             
コンテンポラリーアートギャラリーZone 代表 中谷 徹


*誠に勝手ながら、2月4日(木)〜3月5日(金)の間、マネージャー海外出張のため電話がつながりません。ご用の際はGALLERYのページのCONTACTより、メールにてご連絡いただきますよう、お願い申し上げます。


Zone-Review in 2009
Zone-Review in 2009

2009年12月17日(木)〜12月26日(土)
12:00〜18:00(水・金 休廊)

参加作家/
橋本修一、篠原克治、中谷徹、浅山美由紀、池田慎、
やたみのり、笹埜能史、James Curtis、橋本あやめ


コンテンポラリーアートギャラリーZoneは、昨年12月に箕面市桜井市場内にオープンし、まもなく1周年を迎えます。
これも皆様のご支援とご理解の賜物と感謝しております。

そこでZoneでは、この1年をふり返る“Zone-Review in 2009”を開催いたします。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

コンテンポラリーアートギャラリーZone 
代表 中谷 徹、梶山雅代


橋本亭まるごと美術館
橋本亭・・・その建物が丸ごとアート会場に。

2009年10月26日(月)〜11月8日(日) 11:00〜18:00/休館日10月27日(火)

箕面瀧道 橋本亭(阪急箕面駅より徒歩5分)
入場無料(お気軽にお越しください)

参加作家/浅山美由紀、池田慎、笹埜能史、橋本あやめ、橋本修一、やたみのり

企画/コンテンポラリー アート ギャラリー Zone

<2009年 みのお・瀧道 秋まつり 企画>
主催:箕面観光文化懇話会/箕面わいわい株式会社
後援:大阪府池田土木事務/箕面市/箕面市観光協会/箕面文化・交流センター/箕面都市開発株式会社


ご案内

橋本亭は、箕面国定公園の瀧道にある明治43年に建てられた旅館です。一の橋の袂にあり、紅葉と川のせせらぎが美しく箕面の特色を満喫できる場所に位置しています。現在は、地の利を生かし箕面のまちづくりのシンボルとして、カフェや雑貨店、貸室などの複合施設として色々な催物が行われています。

この秋、コンテンポラリーアートギャラリーZoneが「箕面・瀧道 秋まつり」の期間、橋本亭を丸ごと美術館に変身させました。関西で活躍されている現代アーティスト5名と米国在住の日系の現代アーティスト1名を招待し、それぞれの個性ある作品を展示しています。明治の木造建築と最先端の現代アートの組み合わせは一見の価値があります。

コンテンポラリー アート ギャラリー Zone 代表 中谷 徹

*このチラシは拡大してご覧いただけます。


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.61