橋本修一のデジタル絵図「箕面ドリーム '20」
コンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、6月6日(土)より、橋本修一のデジタル絵図「箕面ドリーム '20」を開催いたします。安全に配慮し、皆様のご来場お待ちしております。

橋本修一のデジタル絵図「箕面ドリーム '20」
6 月 6日(土)〜10日(水)
6 月20日(土)〜24日(水)
12:00〜18:00

 コンテンポラリーアートギャラリーZoneが2009年からプロデュースしている箕面滝道でのアートイベントの実行委員に長年携わり、そのデザインワークや作品展示の為に多くの箕面風景を描いてきた。
浮世絵師の様に私の好きな箕面の風景を描きたいと思った。江戸時代の印刷手段が木版なら、現在はデジタルプリントだと考え、コンピューターグラフィクスで制作した。その事が少年期から慣れ親しんだ箕面の地や山々、そして役行者をはじめ、その地に眠る歴史や伝承とより深く関わり、日々の新たな楽しみを得る機会になった。
今回の展示では2017年の大江戸温泉物語 箕面温泉スパーガーデン施設内で展示した「箕面滝道百景」を中心に、この秋開催される「箕面の森アートウォーク2020」のコンセプトイメージの為に制作した新作「新攝津名所デジタル絵図〜 箕面」を展示する。江戸後期に描かれた「攝津名所圖會」の図を元に新たに描き起こした。
また、これまで描いた箕面絵図の主な作品をまとめた、作品集「MINOH DREAM」も完成し販売。
これまでも私の仕事や作品制作に、多くのアイデアやインスピレーションを与えてくれた箕面。疫病により人々の意識が変貌する今、「箕面の森アートウォーク2020」が新しいアートイベントのあり方を模索する始まりになる事を期待する。(橋本修一)

橋本修一 <グラフィックデザイナー 1951年生> 1970年グラフィックデザイナーとしてキャリアをスタート。1998年頃から写真、クラフト等と旅、散歩を融合させた創作活動を始める 最近はアートや能楽関 係のデザインを手がけ、クリエーターとアーティストの境界を行き来しながら制作活動を展開。箕面の森アートウォークの実行委員に携わり、デザイン制作をはじめ、自らの作品も箕面スパーガーデン、橋本亭に展示するなど活躍。最近の個展は「女神出現」トライアングルギャラリー(2019)、日本庭園ギャラリー/サンディエゴ (2017)、ギャラリーBegin/京都(2016)、等。

案内に掲載の画像:「新攝津名所デジタル絵図〜箕面」


Group Show PRISM 2020

グループ展PRISM 2020
Group Show PRISM 2020 
Curated by Toru Nakatani, Masayo Nakatani, and Vallo Riberto

2020年3月28日(土)〜4月12日(日)、木金休廊、12:00〜18:00
アーティストトーク:4月5日(日)午後4時〜6時
*パーティーは中止させていただきます。

参加アーティスト:荒木晋太郎、アンドレイ ヴェルホフツェフ、黒沢理菜、中村えい子、浜本隆司、松山 淳、グリセルダ ロサス

毎年恒例のグループ展プリズムは、今春も、わずか20平米のギャラリーの空間に、人種、年齢、性別、国籍、経験、表現方法などが異なる7名のアーティストを招待して、7色の大きな虹を架ける。
今回は、箕面の森アートウォークの開催年にも当たるので、箕面大滝の竜の伝説とプリズム(虹)についての話。瀧安寺に伝わる絵巻物 「箕面寺秘密縁起」 の中に、箕面大滝に竜が棲んでいたとある。竜はもともと紀元前5000年頃の中国で創られた想像上の動物であるが、日本では、紀元一世紀頃の弥生時代の遺跡から竜の図柄を持った壺が出土している。古代中国では、竜は、伝統的に、特に水、降雨、台風、洪水を制御する、縁起の良い力を象徴している。虹は、天かける竜と見なされており、竜と共に、水の神の象徴である。
「虹」の字は「工」の形が、天と地を結ぶ形なので、「天と地を結ぶへび」という意味もあるらしい。ちなみに、中国では、蛇は、「虫」の仲間と考えられていたために、「虹」に「虫」偏が付くのだそうだ。虹は天と地を結ぶ虫(蛇)で、竜神という事になる。
Zoneのスペースに架かる虹は、アーティストだけでなく、訪れる人たちにも夢や希望、幸運をもたらす。ギャラリー空間を飛翔する竜神をぜひご高覧頂きたい。今秋には天と地を結ぶもっと大きな虹が箕面山にかかり、竜神が天空を翔け巡る。
乞うご期待!


「絡まり 合う」中村えい子、西尾苑恵、三又尚美 によるインスタレーション展

「絡まり 合う」中村えい子、西尾苑恵、三又尚美 によるインスタレーション展

素材の異なる三人の作品が一つの空間で出会い、繋がり、絡まり合う。
静と動、光と影、繊細と大胆、それらが互いに映し合いながら、新しい生命体のように成長していく。
その様を、ぜひ目撃してほしい。

11月24日(日)〜12月15日(日)、木金休み、12:00〜18:00
パーティー&トーク(カンパ制):12月1日(日)午後4時〜6時

■中村えい子
・藤川学園(現・京都造形芸術大学の前々身)でテキスタイルを学ぶ
・1979年より本格的に織りを始める
・1985年 初個展
・1994〜2000年 嶋屋画廊(京都)毎年個展開催
・2010年より京都、名古屋、滋賀、岡山各地で個展開催 グループ展多数参加
・その他 舞台美術、店舗ディスプレーなども担当

■西尾苑恵
・能登島ガラス工房にて、ガラスを 学ぶ
・2019「宙(そら)生命の循環」3人展 コンテンポラリーアートギャラリーZone企画(大阪)
・2019「弁財天」展(グループ展) コンテンポラリーアートギャラリーZone企画(大阪)

■三又尚美
2015年、ダンボール造形での初個展。2016年東京初個展。
2018年のニューヨークでのグループ展では出展作品完売の成功をおさめた。
<個展>
・2018年 art lab Melt Meri「Spouting Lost−解け逝く噴流―」東京
・2017年 コンテンポラリーアートギャラリーZone 「三又尚美展」大阪
・2016年 Shonandai MY Gallery「三又尚美展」東京
・2015年 Art Space アテナルミエール「楔−The past can touch me not−」愛媛
<グループ展>
・2019年 PIAS GALLERY「gallerism2019 in 中津」大阪
・2018年
GALLERY Live-Art (performance)「虚蝕夜」愛媛
Art Space アテナルミエール「5-Cinq-group show」愛媛
ギャラリー白樺「カナリア展〜イ彩ロ葉ハ〜」鹿児島
St. Joseph’s College Gallery「Metamorphoses 2018」New York


長野久人個展「道具としての自然」
長野久人個展「道具としての自然」
10月19日(土)〜30日(水)、12:00〜18:00、木金は休廊
アーティストトーク&パーティー(カンパ制):10月26日(土)16:00〜
*パーティーでは豆腐彫刻を食べます!

五虫/倮のシリーズは、1995年から始まり現在に至っています。五虫は生物の事。倮は人間の事。排他的だと思っていた私は、生き物と人間に興味のある初老の倮虫なのだ。(長野久人)

<長野久人経歴>
1953年北海道生まれ 
1986年京都市立芸術大学大学院修了
2005年北海道立函館美術館個展
  
2014年コンテンポラリーアートギャラリーZone 個展
2018年MU東心斎橋画廊個展(大阪)
2019年俳句×美術 伊賀上野2019(伊賀市)
2019 長野久人&アンドレイ・ヴェルホフツェ展 Lands End ( 姫路)

Hisato Nagano Solo Exhibition



「弁財天」展

「弁財天」展
会期:9月14日(土)〜9月29日(日)、木金休み、12:00〜18:00(最終日16:00まで)
オープニングパーティー(カンパ制):9月15日(日)午後4時〜 
会場:トライアングルギャラリー/コンテンポラリーアートギャラリーZone
参加アーティスト:伊佐地恵子、角谷功次、河辺栄一×今井友恵、小泉光子、神野喜雄、小林陽介、笹埜能史。寺島みどり、仲摩洋一、中村えい子、西尾苑恵、野山あるき、橋本修一、橋本あやめ、魔可多宮ナツ、松山淳、三又尚美、行千草、百合野美沙子、Co.maruya
<同時展示>
アーカイブ「写真で見る箕面の森アートウォーク」
*瀧安寺復興への募金も行います。ご協力をお願いいたします。

<コンセプト>
 箕面山 瀧安寺は、平成30年9月4日に通過した台風21号の被害で堂宇が大きく破損し、現在復旧に向けて全力をあげて取組んでおられます。瑞雲橋から鳳凰閣に至る典雅な風景も一変してしまいました。この10年間、箕面山で数々のアートイベントを開催してきたコンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、瀧安寺のご本尊が弁財天であることに因み、復興を祈願して、ここに「弁財天」展を企画しました。
Zoneは、2011年から隔年にアートイベント、「箕面の森アートウォーク」を開催してきましたので、少なからず瀧安寺にはご縁があります。これまで、阪急箕面駅から大瀧に至る滝道に沿って美術作品の展示、並びにワークショップ、パフォーマンスを行ってまいりました。今年はその開催年にあたりますが、昨年の台風被害により箕面山や寺院が甚大な被害を被ったので(詳細は瀧安寺の公式ホームページ「台風被害からの復旧へ向けて」をご覧ください)イベント開催を断念することにいたしました。
瀧安寺(箕面寺)が、ご本尊として弁財天を祀っておられるのは、658年役行者が大瀧のもとで苦行を重ね弁財天の助法を受けて悟りを開いたからだそうです。件の弁財天は、日本四弁財天の一つで、日本最初にして最古であると伝えられています。一般に弁財天は、七福神中の一柱で智慧と叡智と学問と、文芸、音楽、芸術を司る至高の女神として広く信仰されています。我々ギャラリストやアーティストにとっては、守護神のような存在でもあります。
過去4回の「箕面の森アートウォーク」では他に類を見ない素晴らしい作品を展示することができました。これは、取りも直さず芸術の神である弁財天のご加護のおかげではないかと考えます。報恩として迅速な災害復興を祈念し、「弁財天」展を開催いたします。


中谷徹+橋本修一 コラボ展「宙(そら)・生命の循環」
中谷徹+橋本修一 コラボ展「宙(そら)・生命の循環」―橋本修一マジック(CG)による中谷徹作品の変様―
8月24日(土)〜9月1日(日)、12;00〜18:00
*8/30(金)は休廊

 今回図らずも、橋本修一氏とのコラボ展を開くことになった。10年ぶりの展覧会になる。その間、思うところがあって、作品を制作していないので、正直戸惑っている。おそらく今回出品する作品は、35年から20年ほど前の小品だ。それを今、出品するのは大変おこがましい気がする。それも、ほとんどの作品は「生命の循環」をテーマに、立体作品の素材として制作したものである。 橋本修一氏とのコラボでアップデートされ、新しく蘇った姿に出合えるのが楽しみになった。時代の流れに大きく順行し未来へタイムスリップした作品の立会人でいられることは、この展覧会を催すささやかな喜びになるだろう。橋本マジックで私の感性が覚醒し再び制作への意欲を掻き立ててくれることをひそかに願っている。(中谷徹)

 作品がアーティストの束縛から解き放されたとき何を語るのだろうか?数十年前に制作された中谷徹の作品を目にしたとき、そんな誘惑にかられた。常に変化し続けるアーティストと制作された時代の中に止まっている作品。 作者と作品は移り行く時間の中でどのように対峙しているのだろうか?当事者同士しかわからない関係に興味はつきない。コンピューターグラフィックス、ライティング、マッピング、イルミネーション等、現在のアートは光と密接に関係していると思う。「宙・生命の循環」をテーマにした中谷徹の作品にCGで光を与えてみた。作者と作品の間に割って入った「おせっかい」な行為をお許し頂いた中谷徹氏に感謝。そして、一人歩きを始めた作品た ちの成長(?)した姿をご覧頂ければなによりです。(橋本修一)


Yoichi Nakama Exhibition, “景色 (Keshiki) - Light, Air, Fluctuation” at JFG's Exhibit Hall

Zoneと、アメリカ カリフォルニア州 サンディエゴ 日本庭園ギャラリーの合同企画です。

仲摩洋一展「景色-Light, Air, Fluctuation」
会期:7月25日〜10月27日
会場:アメリカ カリフォルニア州 サンディエゴ バルボア公園 日本庭園内 ギャラリー(展示の家)
ワークショップ:7月25日午後2:00〜3:00
レセプション:7月25日午後4:30〜6:30

http://www.niwa.org/exhibits-list/nakama


「弁財天」展 作品募集
「弁財天」展 作品募集

会期:9月14日(土)〜9月29日(日)
木金休み、12:00〜18:00(最終日16:00まで)
オープニングイベント:9月15日(日)午後
会場:トライアングルギャラリー
企画:コンテンポラリーアートギャラリーZone
テーマ:弁財天 
*インド神話のサラスバティー(河川や湖の神格)を漢訳し、女神の姿に造形化したもの。日本では七福神の1つに数えられる。ご利益としては、金運・財運開運、技芸上達(芸術・芸能等)、縁結び・恋愛成就、学業成就(弁才)、立身出世、勝運・武運長久、国家鎮護など


展覧会コンセプト:
 箕面山 瀧安寺は、平成30年9月4日に通過した台風21号の被害で堂宇が大きく破損し、現在復旧に向けて全力をあげて取組んでおられます。瑞雲橋から鳳凰閣に至る典雅な風景も一変してしまいました。この10年間、箕面山で数々のアートイベントを開催してきたコンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、瀧安寺のご本尊が弁財天であるのに因み、復興を祈願して、ここに「弁財天」展を企画し作品を募ります。
Zoneは、2011年、2013年、2015年、2017年と隔年にアートイベント、「箕面の森アートウォーク」を開催してきましたので、少なからず瀧安寺にはご縁があります。これまで、阪急箕面駅から大瀧に至る滝道に沿って美術作品の展示、並びにワークショップ、パフォーマンスを行ってまいりました。今年はその開催年にあたりますが、昨年の台風被害により箕面山や寺院が甚大な被害を被ったので(詳細は瀧安寺の公式ホームページ「台風被害からの復旧へ向けて」をご覧ください)イベント開催を断念することにいたしました。
瀧安寺(箕面寺)が、ご本尊として弁財天を祀っておられるのは、658年役行者が大瀧のもとで苦行を重ね弁財天の助法を受けて悟りを開いたからだそうです。件の弁財天は、日本四弁財天の一つで、日本最初にして最古であると伝えられています。一般に弁財天は、七福神中の一柱で智慧と叡智と学問と、文芸、音楽、芸術を司る至高の女神として広く信仰されています。我々ギャラアリストやアーティストにとっては、守護神のような存在でもあります。
過去4回の「箕面の森アートウォーク」では他に類を見ない素晴らしい作品を展示することができました。これは、取りも直さず芸術の神である弁財天のご加護のおかげではないかと考えます。報恩として迅速な災害復興を祈念し、「弁財天」展を開催いたします。奮ってご応募ください。

募集要項
・作品のジャンル、形式は自由(パフォーマンスについてはご相談ください)
・サイズの目安:幅50
・参加費:3000円(搬入時にご用意ください)
・申し込み締め切り:7月31日
・搬入:9月8日(日)14:00〜18:00 *作品のタイトル、素材、価格をご用意ください。
・搬出:9月29日(日)16:00〜18:00
・販売:手数料20%をいただきます。作品の受け渡しは相談させていただきます。
申し込み、問い合わせ:コンテンポラリーアートギャラリーZone


Maca Matsu Solo Exhibition
魔可多宮ナツ 個展「言葉パニック」
5月19日(日)〜6月3日(月)、12:00〜18:00、木・金休廊
アーティストトーク&パーティー(カンパ制):5月25日(土)午後3時〜6時

「言葉パニック」
言葉を紡ぎだす方法は本で覚えました。
社会生活が下手くそで、言葉のパニックに陥ることがあります。
絵を描くことによって、パニックから身を守っているのだと思います。
(魔可多宮ナツ)

魔可多宮ナツ(Maca Natsu) 
近年の展覧会
2018 「グループ展 PRISM 2018」コンテンポラリーアートギャラリーZone/大阪
2018 個展「妄想ファクトリー」Galeria Punto/兵庫
2018 個展「生存カテゴリー」コンテンポラリーアートギャラリーZone/大阪
2018 「お歳暮」ART HOUSE/大阪
2019 「DOTS 2019」Galeria Punto/兵庫
2012〜2019 「第2回〜第9回クロマニンゲン展」鹿児島市立美術館

案内に掲載の作品写真
「作夢(SAMU)」
キャンバス、アクリル絵具、水性チョーク


Group Exhibition, “PRISM 2019”

グループ展PRISM 2019 Vol.10
3月30日〈土〉〜4月14日(日)、木金休廊、12:00〜18:00
アーティストトーク&パーティー(カンパ制):4月6日(土)15:00〜18:00
参加アーティスト(名字50音順):小野サボコ、志村陽子、ブライアン タッカー(Brian Tucker)、寺島みどり、キャズミア マシュランカ(Kazmier Maslanka)、南野馨、行千草

毎年、この時期になると気が焦る。Zone年初の展覧会、グループ展PRISMにまつわるエッセイを自分自身に課しているからだ。
展覧会の趣旨は、ギャラリー空間をプリズムに見立て、出品アーティスト7名の個性を分光し、より際立たせることにある。つまり、ギャラリー空間に7色の虹を架けようとする試みである。よって、文章を考える時いつも「7」という数字がキーワードになる。
今年で10回目になるが、そうそうネタが転がっている訳でもない。先ずは、自分の足元からと思い、つい最近上梓した「箕面の森アートウォーク2017」の作品集を手に取る。発刊までに一年余りを要したこの本には、とくに思い入れが深い。自画自賛ながらよく出来ている。しばらくページを繰り進めるうちに、実行委員の面々の写真が目に飛び込んできた。な、なんと7名いるではないか。2017年のアートウォークでは7名の実行委員が一つになり、悪天候にもかかわらず、箕面の山に大きな虹を架けたのだ。感謝。
どうやら「7」という数字は、Zoneに福をもたらすようだ。今年も、わずか16平米のギャラリーの空間に人種、年齢、性別、国籍、経験、メディアなどが異なるアーティストが、7色の大きな虹を架ける。アーティストだけでなく、訪れる人たちにも夢や希望、幸運をもたらすことができればと、期待を膨らませている。ひょとしたら、Zoneはパワースポットかも。
コンテンポラリーアートギャラリーZone代表 中谷 徹


NAKAMA, Yoichi Solo Exhibition ”r i c e fi e l d ”
仲摩 洋一展  - r i c e fi e l d –
水田、桜井市場、そしてZoneへ…
(水田を題材にギャラリーの壁面全体を覆い尽くす絵画空間を展開します。)

11月24(土)〜12月11日(火)、12:00〜18:00、木・金休廊 
アーティストトーク&パーティー:12月1日(土)、15:00〜18:00
 午後3時〜 アーティストトーク
 午後4時〜6時 パーティー(好きなおにぎりを持ち寄り)

アーティストステートメント
私はこれまで植物や花、水面や木漏れ日など自然の事象を絵画表現のテーマとして描いてきました。今回は水田を題材にギャラリーの壁面全体を覆い尽くす絵画空間を展開します。人間が穀物を栽培するために作った田にはたくさんの生物が生息しています。その歴史は古く、日本では弥生時代に始まったそうです。私が生まれ育った京都の実家の近くにも田圃があり、幼いころはカブトエビなどの小動物を捕まえて遊んだ記憶があります。
一方でギャラリーもまた人が生きるために必要な表現活動を発信するための人為的な装置です。昭和32年に創業したという昭和の面影を残す桜井市場の中にある風変わりな現代美術画廊「Zone」での個展も今回で3回目。今回の展示を通して新しい発見や気付きがあることを期待しています。

略歴
2002 年、京都市立芸術大学美術学部美術科油画専攻卒業
京都、大阪の現代美術画廊を中心に平面作品による発表を展開。
京展2014 入選、Young Creators Award 2015松谷武判審査員賞・坂上義太郎審査員賞
葛城発信アートFAIR2017 作家部門優秀賞
gallerism 2018 in 中津(コンテンポラリーアートギャラリー Zone)
第45 回現代美術- 茨木2018 展「ナリユクスガタ」特集作家

アーティストのウェブサイト: https://youichinakama.jimdo.com/

*掲載の写真は、本展のテーマを表すイメージです。


YURINO, Misako Solo Exhibition, ”Reason for Eccentricity”
百合野美沙子 個展「奇行の理由」

コンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、百合野美沙子個展「奇行の理由」を開催いたします。
百合野さんは、中学の美術教師という職業柄、思春期の生徒たちの不条理で非論理的な言動を目の当たりにすることがよくあるそうです。彼らの、ある意味常軌を逸した行動や発言を「心の原初の叫び」と捉え、その力を持ってして自らの無意識の領域に追いやられた過去の思念や視覚の残滓を「意識」の表舞台に表出させ具現化しています。
この「意識」に描出された非日常の光景を是非、この機会にご高覧くださいますようお願い申し上げます。

9月8(土)〜24日(月・祝)、12:00〜18:00、木・金休廊 
*20日は木曜日ですがオープンいたします。
*22日(土)〜24日(月・祝)の3日間、百合野美沙子さんが在廊され、オープンいたします。

アーティストトーク・音読ライブ・パーティー:
9月9日(日)14:00〜 アーティストトーク
15:00〜 安藝悟の音読(投げ銭)
16:00〜 パーティー(カンパ制)

アーティスト ステートメント
私は自分の心の中の光景を絵に描いています。その光景は、自分の中に溜め込み続けた記憶に影響を受けて現れます。幼少か、もっと以前、私が私ではない何かだった頃の記憶か。
最近は、仕事柄、12歳から15歳までの生徒と非常に多大な時間を共有します。子どもから大人になりゆく彼らの中には、純粋であるからなのか、不条理で非論理的な考えが確実に存在し、それを行動に起こしたり、知らずに言葉にしたりしています。大人から見たそれらは、一見でたらめに見えますが、それは確かに現実であり、より生に近い原始的な何かなのです。生徒たちから見聞きした行動や言葉を頼りに、自分の中に浮かび上がる光景を描きます。
(百合野美沙子)


*案内に掲載の作品
 「朝顔の降る朝」 パネルに綿布、アクリル絵具 162cm×130cm



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.61