Shuichi Hashimoto Landscape Exhibition
橋本修一の風景画展「風景浴『山の時間』」

2011年6月18日(土)〜6月30日(木) 12:00〜18:00 水金は休廊
アーティストトーク「風景の記憶の中を歩く」:6月25日(土)午後4時〜5時


私の風景画と制作の手法について
人は撮影した写真を見ることで記憶がよみがえります。私は撮影した写真を見ながらコンピューターで、その風景を描きます。しかし、描きたいのは、風景そのものではなく、呼び起こされた記憶です。それらは、光と空気の中で遊ぶ色彩であったり、風景に出逢って呼び覚まされた自身の中に眠る世界かもしれません。私は写真を見ながら、写真に映っらない物を描こうとします。ベジェ曲線で風景を一度パーツや色彩に分解し、再び組み合わせることで、再構築していきます。それぞれのパーツは、必ずしも具象的な形にはならず、単純化されたり、文様の様になったり、時には、飛び跳ねる単なる色彩の塊として表現されます。
 再構築された風景をコンピューター上で分版して原盤を作ります。それは、版画の様に刷り色ではなく、遠近の位置関係の5〜10枚のレイヤーに分けます。ベジェ曲線で描かれた原板としての絵にはサイズは存在せず理論上、無限に大きくする事が出来ます。これらの原板から最終的なサイズを決定して、各レイヤー事に画像処理ソフトに出力します。さらに画像処理ソフト上で、空気や光を表現する為のレイヤーを間に幾つか挿入し、様々な気象現象の表現を試みます。すなわち、1枚の原盤で全く違った幾つかの気象条件の絵が出力可能になります。これは、私の記憶を絵の中に定着させる為の重要な過程です。それらの中から、私の記憶に一番近い状態のデータを保存し、最後にレイヤーを一つに合成する事により、一枚の完成したプリント作品が生まれます。

橋本修一




Miyuki Asayama Exhibition,"Wine Cork Project vol.3"
浅山 美由紀展「ワイン コルク プロジェクト Vol.3」


2011年5月16日(月)〜29日(日) 12:00〜18:00(水・金休廊)
アーティストトーク:5月21日(土)午後5時〜6時


このプロジェクトは、友人・知人から提供してもらったコルクを使って、高覧者と私が一緒に作品を変化させていくという参加型の作品展です。
ギャラリーに設置された木のオブジェは、見る人によっては、建物や山、そして標のように見えます。
そのオブジェやギャラリーの壁面にコルクを貼付ける事によって、
作品は刻々と変化していきます。
形あるものは、永遠にその形をとどめておく事が出来ません。
このオブジェが、高覧者という人との繋がりの中で変化して行き
新たに生まれ変わる様子を通して、「つながり」「変化」そして「再生」を表現したいと考えています。

追記
東日本大震災を境に、作品を大幅に作り変えました。
理由は、私の中で何かが変化したためです。
私が、制作活動を始めたのは、阪神大震災がきっかけでした。
よってこの度の東日本大震災により、いろんな事考えさせられています。

「ワイン コルク プロジェクト小品展」を同時に開催しています。
小品の売上げのアーティストフィーの半分を、日本赤十字の東日本大震災の義援金へ寄付させていただきます。

浅山 美由紀


Mitsuko Koizumi Exhibition
「小泉光子展」

2011年4月9日(土)〜4月21日(木) 12:00〜18:00(水・金 休廊)


 まず頭の中でどのような素材を使い、どのような行為で、どのような形、色にするのか考え、作品が完成したところを想像してから作り始めます。
 行為そのものはとても簡単なことで時間もかかりませんが、頭の中で、これだ!という確信がわかないと行為をすることができません。そのようにして出来た作品達です。

小泉光子



 東日本大震災にて被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 4月9日より開催します「小泉光子展」では、アーティストが病気療養中のため、会期中の在廊が叶わなくなりました。したがって16日(土)に予定しておりましたアーティストトークも中止させていただきます。小泉さんのご快癒をお祈りしています。

 皆様には「小泉光子展」をご高覧下さいますよう、お願い申し上げます。

 なお、小泉光子さんのご厚意により、展覧会期間中に作品が売れた場合、アーティストの利益は、東日本大震災の義援金として寄付させていただきます。

コンテンポラリーアートギャラリーZone 
代表 中谷 徹、梶山雅代
                    


Group Exhibition PRISM 2011
グループ展PRISM 2011

2011年3月19日(土)〜29日(火) 12:00〜18:00 水・金は休廊

参加アーティスト/麻谷宏、しまだそう、杉本晋一、布原美帆、林和音、MARUYA、Lisa Gray
アーティストトーク:3月26日(土)午後4時〜6時



グループ展PRISM 2011のご案内

PRISMは自然の光をスペクトルに分解し初めて人間に「七色の光」を認識させた。
「グループ展PRISM2011」の7名のアーティストは多種多様なバックグラウンドを持つ。
それぞれの作品の視点の豊かさは、観客を多様性の世界へと誘い、作家をかつて自らの作品の認識し得なかった世界へと導く。本展では、観客にも作家にも、新しい世界を発見し探訪して頂きたい。
「新しい発見」は「新しい創造」の道標にもなる。19世紀後半、PRISMの発見で印象派の先駆者が不可視の世界に光を当て、新しい造形表現へと道を拓いていったように。

コンテンポラリーアートギャラリーZone 代表 中谷徹



Zone-Review in 2010
Zone-Review in 2010

2010年12月18日(土)〜12月28日(火)
12:00〜18:00(水・金 休廊)

参加アーティスト/Mary Maughelli、橋本あやめ、木原真男、
やたみのり、Aaron Moskowitz、谷口 新、新井厚子



コンテンポラリーアートギャラリーZoneでは、この1年の展覧会をふり返る“Zone-Review in 2010”を開催いたします。
今年Zoneの企画展に出品した7人のアーティストの個性を1度に楽しむチャンスです。
この機会に是非ご高覧くださいますようお願い申し上げます。

コンテンポラリーアートギャラリーZone
代表 中谷 徹、梶山雅代


瀧道まるごと美術館


瀧道まるごと美術館(「みのお瀧道 四季のまつり・秋」メイン企画)

昨年好評だった「橋本亭まるごと美術館」が、今年は会場を拡大し「瀧道まるごと美術館」として開催されます。
今年築100年になる「橋本亭」を中心に、国定公園内の「梅屋敷」、「箕面公園昆虫館」にも会場を広げ、瀧道がまるごとアート会場に。昆虫館ではアートと昆虫たちとのコラボレーションが実現。
関西を中心に活動するアーティストたちに加え、米国、スペイン在住など海外のアーティストも参加し、それぞれの「めぐみの森」を表現します。
この秋、箕面でしか体験できない現代アートの世界をご堪能ください。

会期:2010年10月24日(日)〜11月7日(日)、箕面公園昆虫館は10月26日(火)休館、
   やんぢゃのパフォーマンスは10/31(日)15:00、14:00*雨天の場合は11/3(祝)に延期
テーマ:「めぐみの森」 滝を抱く森の香りは秋も満つ(梶山尚星)
企画:コンテンポラリーアートギャラリーZone(中谷徹、梶山雅代)

<各会場の開催時間と入館料>
「橋本亭」(箕面駅から瀧道を徒歩約5分)11:00〜18:00 入場無料
「梅屋敷」(橋本亭から瀧道を徒歩約2分)10:00〜17:00 入場無料
「箕面公園昆虫館」(梅屋敷から瀧道を徒歩約3分)10:00〜17:00(入館16:30まで) 10/26(火)は休館 入館料270円(スタンプラリーに参加すると190円に)

<参加アーティスト>
橋本亭/浅山美由紀、新井厚子、アーロン・モスコウィッツ、小泉光子、笹埜能史、ジョン・ディレマス、橋本あやめ、橋本修一
梅屋敷/池田慎、春成こみち、やたみのり、やんぢゃ+ジェリー・ゴードン(パフォーマンス;10/31、15:00〜*雨天は11/3に延期)
箕面公園昆虫館/木原真男(放蝶園、要入館料)、小泉光子、やんぢゃ+ジェリー・ゴードン(パフォーマンス;10/31、16:00〜*雨天は11/3に延期)


「めぐみの森」コンセプト
森では新しい命が生まれ、古い命が枯れる。四季を通じて刻々と表情を変える。太陽から放出されるエネルギーを浴び木々は繁茂し、大気の二酸化炭素を吸収し酸素を放出する。大地は雨水を受け止め、瀧に、渓流に、森林に、恩寵(めぐみ)を授ける。森と水は生命の循環を育み、人はその関係性の中で生存する。
サイト・スペシフィックな作品はギャラリーでの展示とは全く異なったパラダイムでより多くの恩寵(めぐみ)を作家に、観客に、場に、もたらす。作品と空間が相互関係を持つ故に、その「作品」はその場でしか成立し得ない。会期が終了すると同時に消滅してしまう短命なものになる。しかし、その「恩寵(めぐみ)」という見返りは大きい。

コンテンポラリーアートギャラリーZone 代表 中谷 徹



☆Zoneでは「瀧道まるごと美術館」のボランティアサポーターを募集しています。
〆酩覆療玄─撤収をお手伝いしていただくアーティストサポート
会場で展示作品などの案内をしていただくコンセルジュ
ボランティアサポーターには様々な特典を用意しています。
興味のある方はお気軽にZoneまでご連絡ください。


Arai Atsuko Exhibition,,"CogMA/CoCoGa Museum of Art"
新井厚子展「ここが美術館」

2010年9月11日(土)〜9月23日(木・祝) 12:00〜18:00(水・金 休廊)
アーティストトーク:9月18日(土) 17:00〜18:00


「ここが美術館」は美術作品を鑑賞したい/してくれる人がいる所に出向き、身近にある入れ物を超小型美術館として展開するアートプロジェクトです。CogMA が行く所、どこでも美術館、なんでも芸術作品になります。 
このプロジェクトは、ギャラリーZoneのある大阪府箕面市の桜井市場と私の住むバルセロナを舞台に展開されています。昨年、桜井市場を取材したおりに、市場の方から「スペインでこの写真を展示するんやったら、それを人が見てるところを見たいわ」という声を聞き、それでは…と桜井で撮った小さい写真を市場でよく使われる果物運搬箱に設置してバルセロナ数カ所の市場で見せてまわり、市場の人、ものと一緒に記録していきました。今回の展覧会はギャラリーと桜井市場で行ない、ギャラリーではバルセロナに行った桜井市場のここが美術館について展示し、また市場内数カ所には、バルセロナの市場のここが美術館を設置していきます。
旅するCogMA。さて、どこへたどりつくのでしょう。

新井厚子



新井厚子は1994年にスペインに渡り、美術学校で彫刻を学ぶ。現在バルセロナ在住。
1997年にはバルセロナのポブレノウ地区にあるアーティスト・ヴィレッジ アンガール(HANGAR)スタジオプログラムに選出されている。ここでは、アーティストは、いろいろな施設を持ったアトリエを最長2年間利用できるいう。このプログラムはスペインでは新進気鋭のアーティストを探すためのカタログ的空間として機能している。ここでの活動を契機に新井は、ヨーロッパ全土、北米に活躍の場を広げる。日本においても越後妻有アート・トリエンナーレをはじめ、他多数のアーティスト・イン・レジデンスに参加している。
新井の発想モティベーションは「移動」つまり「旅」だという。世界各地のアーティスト・イン・レジデンスに参加しながら、ワークショップなどを通してその行為までも自己表現の手段としている。文化、言語の違いを越え、作品を通じてそれぞれの地域に住む人々とお互いにコミュニケーションを図ろうとする。
今回の個展、ここが美術館、CoCoGa Museum of Art in 桜井市場ではバルセロナの市場の人々と桜井市場人々との間を超小型移動美術館が巡回する(作品が巡回するのではない)。その行為の記録を展示し観客(その地域の住民)との交流を美術の文脈で提示しようとしている。
どのような展覧会になるのか楽しみだ。そこはZone。

コンテンポラリーアートギャラリーZone 代表 中谷 徹


Shin Taniguchi Exhibition, "A VOICE OF CAVITY"
谷口 新 展「A VOICE OF CAVITY」


2010年8月16日(月)〜29日(日)12:00〜18:00(水・金休廊)
アーティストトーク:8月21日(土)17:00〜18:00


先日、ネットを何気なく眺めているとクリスチャン・ボルタンスキーの展覧会の記事を見つけた。彼が今まで取り上げて来たテーマ、第二次世界大戦中のユダヤ人、の延長線上にある作品である。実際に体感することなく、インターネットを通してという限られた形で作品と接触をしたわけだが、そこに感じたのは、この“今”という時間の中で自らの理性や感情が持つ歴史的な正当性を再確認することであり、一方で、再確認する行為が現在進行し続ける矛盾を覆い隠してしまおうとする事実であった。彼が提供してくれた装置に反応し、気付いたということかもしれない。私が目指しているのもそのような装置である。2002年からの作品群には一貫してa voice of cavityをタイトルとして使い続けている。cavityとはちょっとした“くぼみ”の意味である。一つの“くぼみ”から次の“くぼみ”へと、ぎこちなく続く繋がりに現代に生きる“主体”を感じるからだ。あっという間に埋め戻され、なめらかな表層に覆われてしまう、そんな“くぼみ”に接するには装置が必要であると感じてきた。ラカンが語った“既に決められた事を受け止める主体”は隠された“くぼみ”と共生することで可能性を見つけるかもしれないというヒントだったのかも知れない。

谷口 新


約30年前、谷口氏と私とは同じ大学の学生だった。米国のカリフォルニア州の片田舎にあるフレスノ州立大学で、それぞれ学部は違っていたが親交があった。当時彼は無謀にも(私にはそう思えたのだが)コピーライターを目指していた。しかし、その後CALARTSの大学院に進み、映像作家になるとは夢にも思わなかった。久しぶりに見る彼の作品を楽しみにしている。

コンテンポラリーアートギャラリーZone 代表 中谷 徹


Aaron Moskowitz Exhibition,"Glimpses of Order"

アーロン モスコウィッツ展「かいまみえる秩序」


2010年7月25日(日)-8月8日(日)12:00-18:00(水・金休廊)
July 25, 2010-August 11, 2010 (Wed.& Fri. closed)

アーティストトーク:7月31日(土) 17:00〜18:00




このコラージュ作品のシリーズは、秩序だて、体系化することによって、都市や生活のダイナミズムが反映されている。それぞれのブロックの色は無作為に選んだ。それを水平に、あるいは垂直に並べることによって、喧騒と活気で沸き立っている都会の雑然とした状態に秩序を与え、体系付けた。使われている色彩は、雑誌の写真や、広告の色を使用している。しかし、その形態は幾何学的な抽象に置き換えてある。


それぞれの作品にムーブメントを感じ取れるはずである。それは色ブロックをシステマティックにレイアウトしたり、オーバーラップさせたりすることによって生じているのである。これにより、作品に大きな躍動感を与えることが出来た。それは、インターネットの世界や高度情報化社会を暗示している。我々が、考えたり、解釈したりする方法は、断片化され、世界はより大きなスピードで動いている。
私の作品はこの様な社会のダイナミズムを表現している。

アーロン モスコウィッツ


Minori Yata Exhibition,"ONE AFTERNOON"
やた みのり展「或る日の午後」

2010年7月8日(木)〜7月20日(火) 12:00〜18:00(水・金 休廊)
July 8, 2010 - July 20, 2010, 12:00-18:00 (Wed & Fri closed)

アーティストトーク:7月17日(土)17:00〜18:00


窓からななめに差し込んでくる午後の太陽の煌めきが
私の心の中のたくさんの記憶の世界を浮き彫りにする
その ひとつ ひとつの 出来事が折り重なって
きらきらと午後の太陽の 輝きの中に舞い上がり
色となり 形となり 言葉となり
様々な形象を生み出していく
そこには 
夢があり 哀しみがあり 苦しみがあり 失望があり 笑いがあり
パッシヨンがあり 
愛があり
生きて来て 良かった と 思う心がある
こんなわたしの想いが
さまざまなディメンションを持って形作られました

やた みのり


作品は、ミクストメディア(コラージュ、ドローイング、ペインティング)
 木のボードに、紙、布、ラベル、タグなどを貼り付け、アクリル絵具、ペン、オイルパステル、水彩などで描かれています。
 


Masao Kihara Exhibition,"Images"
木原真男展「Images」

2010年6月13日(日)〜26日(土)12:00〜18:00(水・金休廊)
アーティストトーク6月19日(土)17:00〜18:00

これまで私は絵画への不信というよりはイメージを追いかける事への不信にとらわれていた。私が採用した方法は画面の表面にイメージを見いだす代わりに文字を置くことだった。文字はそれを読み取る人間の心に直ちにイメージを現出させるからだ。
しかし今回はその方法を採ることができなかった。経験中の経験とでもいうべき激しい現実に揺さぶられたときに人間は言葉以前の言葉たとえば叫びのようなものでしか反応できないことがある。現実をやり過ごすために自分の内にわき出るイメージを形にする以外に方法はなかった。これまで自分の中に封印していたドロドロしたものが直接流れ出てきたような気がする。観客に不快感を与えるかもしれない。だがこれも私の内から出てきたものであることに違いはない。皆様の容赦のない批判を期待したい。

木原真男


10年前になるのだろうか。木原の作品に初めて接したのは。たしか、伊丹ホールで谷口新・木原真男展を拝見したときだ。垂れ幕に言葉が記されていたのを記憶している。その折なぜ「言葉(文字)」を使用しているのかを聞きそびれたが、私の知る限りにおいて、木原はそれ以前からいままで、イメージを忌み嫌うかのように文字を使用した作品を発表し続けていた。グリーンバーギアンなのか、表現(絵画)の純化によるイルージョンの否定を求めていたようにみえた。
しかし、今回Zoneで発表する作品には、「イメージ」が出現すると言う。木原のアーティストとしての自己表現の振り子が大きく振り切って、表現媒体としてイメージの世界へと立ち戻ってきたのである。
かつての能記と所記の関係から紡ぎだされる世界は日本語を理解しない人達は観客となり得なかった。しかしこのたび、イメージの世界へ立ち戻ることによって、大きく観客の層が変化することになるだろう。どのような変貌を遂げるのか楽しみである。

コンテンポラリーアートギャラリーZone 代表 中谷 徹


Ayame Hashimoto Exhibition,"World 30×30"
橋本あやめ展「World 30×30」

2010年5月15日(土)〜25日(火)12:00〜18:00(水・金休廊)
アーティストトーク5月22日(土)午後5時〜6時



それは空想と現実の波打ち際に
太陽の光を集めて
幻のように出現した10の世界(テン・ワールド)


コンピューターの進化は仮想と現実との距離をますます縮めていきます。
3D映像が家庭と言う生活空間に入りつつある現在、夢や空想の世界は、バーチャルリアリティの名の元に、ますます現実感あふれる世界に生まれ変わっていきます。

そんな時代にあって、私は全く逆の方向での制作を目指しています。
決してリアリティを求める事なく、記号化された風景として表現する事で、自身の夢や空想を具現化してきました。

それらは、現実と正面から向かい合うことによって生まれた作品ではなく、並外れた空想力や修練によって練り上げられた結果でもありません。私の作品は意識的に現実から目をそらし、空想と現実のせめぎあう波打ち際で、ふと出現した幻のように、あやふやなバランスの上になりたつ白日夢の様な作品といえます。
思えば、私たちはかって、人生のある時代に確かにそんな波打ち際で遊んでいた経験があります。
そんな懐かしい記憶がよみがえれば、よいと思います。

素材は板切れや針金、チラシの切り抜きといった、身の回りのごくありふれた物を使用します。
日常において、ちょっと目線を変えるだけで、些細な事が小さな感動に生まれ変わります。

パートナーの橋本修一と続けている「地球に落ちているプロジェクト」からスタートしたこれらの考え方は私の制作活動の基本スタンスだと考えます。



作品鑑賞マニュアル

今回の作品は、30×30cmで切り取られた、独立した10の世界です。
空の中に逆さまに存在する羽根のある塔は、空と地上の世界をつなぐ架け橋です。
空という空間から世界を見おろし、それぞれの世界に入っていく為の10のエピソードを用意しました。しかし、それはあくまでプロローグにすぎません。そこには現実世界を表現したジオラマのような一定のスケールはありません。観客は自分の身長のスケールを自由に設定しその世界に入っていきます。また、そこには押し付けられたストーリーは存在せず、それぞれの世界での物語は観客が自由に思い描けばよいでしょう。
作品を見る順序、角度、立ち位置は観客にゆだねられ、旅人や観光客、あるいは出演者になり、独自の物語を思い描きながら順番のない絵本を開くように、鑑賞していただくのが正解だと考えます。

橋本あやめ


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.61